ワンニャンニャンな日々

二匹のわんこと八匹のニャンコの賑やかな日々

テンプレート用

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

うらら


久しぶりの更新に辛いお知らせをしなくてはなりません

12月1日 午前8時4分

うららが亡くなりました。



本当にあっという間の出来事で 

未だに気持ちの整理がつきません

獣医さんからは寿命だからと言われましたが

もっと早くに気がついていたらと思う気持ちの方が大きくて

自分を責めています

うららが痩せてきたなと思ったのが一ヶ月ほど前の事

でも食欲もあり元気がよかったので油断してしまいました

なんだか寝てばかりいると思ったのが11月中旬頃でした

予防注射を打つ前に一度診てもらおうと連れて行った時はもう遅かった

「早いか遅いかの違いです」との言葉に

入院、治療より側に置いて抱きしめているほうを選びました

寝たきりになって二日間

ずっと側についていました

掌が忘れる事の無いように

ずっと撫ぜ続けていました

名前を呼ぶと苦しそうな息をしながらも応えてくれたうららさん

お母さんは貴方が大好きでした

虹の橋のたもとで

お母さんが行くまで待っていてくださいね


感傷的な文章でごめんなさい

もう少し気持ちが落ち着いたら

再開したいと思います

関連記事
スポンサーサイト

| うらら | 10:14 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ショックで何をお話してよいのかわかりません。
nonnonさん、どうぞ心ゆくまでうららさんのために
泣いてあげて下さい。
遠くからですが、うららさんのご冥福を祈ってます。

うららさん、この人!って決めてnonnonさんについてきて
お家に入れてもらって、最後まで撫でてもらえてよかったね。

| uutaro | 2009/12/10 10:31 | URL | ≫ EDIT

こんにちは

うららさんのご冥福をお祈りします。
nonnonさんに愛されて幸せな一生でしたね。

| mico | 2009/12/10 13:42 | URL | ≫ EDIT

いや。。。

そんな 嘘でしょ?
うららさんが 亡くなったなんて・・・

大好きな 大好きな うららさん。
今は なんていっていいか・・・
ことばが出ずに 涙が出ています。

虹の橋のたもとで・・・ 私も会いたいな。
ご冥福をお祈りします。。。

| なっちん | 2009/12/10 16:45 | URL | ≫ EDIT

そうでしたか、うららさん天に召されたのですね。
おおらかで、大きくて、エピソード一つ一つにふふっと笑わせてもらっていました。
最期はnonnonさんとずっと一緒にいられて、きっと安心して旅立っていったのでしょうね。

いつかは、と覚悟を決めているつもりでも、その日が今日となると、どうにもやりきれませんね・・・。
自分を責めたり、謝り倒したり・・・。
nonnonさん、どうぞお疲れの出ませんように。
私もこれからこっそり、寝室に泣きにいきます。

うららさん、ありがとう。ずっと忘れないよ。
また逢える日まで、しばらくの間バイバイ!

| Kei | 2009/12/10 23:07 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/12/10 23:17 | | ≫ EDIT

うららさん。。

我が家のめろんとステラに似ているから
とってもとっても親近感があったんだよぉ。。

おかあさんに見守られて
幸せだったね。。

ありがとう。。うららさん。。

| はな | 2009/12/11 08:16 | URL | ≫ EDIT

uutaroさんへ

まさかこんなに突然訪れるとは思ってもいなかったので
今でもどこかからふらっと出てきそうな気がしています
骨壷を見るたびに「そうだ うららはもういないんだ」って
改めて思う日々です
うらら一匹がいないだけでとっても静かに感じてしまうのは
それだけうららの存在が大きかったって事なんでしょうね
一緒に寝ていたうららがいなくなって雛が困ってます

| nonnon | 2009/12/16 11:45 | URL | ≫ EDIT

mico さんへ

いつかは訪れる事なのですけれど
いざその時が来てみると悲しくて辛くてやり切れません
これからも何回もこんな想いをしなくてはならないんですけど
家族にしたいじょうは最期まで責任がありますものね
覚悟しなければと思っています

| nonnon | 2009/12/16 11:50 | URL | ≫ EDIT

なっちんさんへ

うららさんのファンでいてくださってありがとうございました
特別に何かをするわけではないのですけど
一番ブログの種になってくれたうららさんでした
寝ているだけで癒しのオーラを振りまいてくれるうららさんでした
きっと虹の橋のたもとで寝転んで下を見て笑っているのではないかと思います
その時には是非会ってやってくださいね

| nonnon | 2009/12/16 11:57 | URL | ≫ EDIT

Keiさんへ

この度のお心使い本当にありがとうございました
うららがいなくなってからの日々は穴が開いたような寂しさでやりきれなかったのですが
やっと少し元気が出てきました
亡くなる一週間前ぐらいからやたらと膝の上に乗ってきて
大きな音でゴロゴロとのどを鳴らしていたうららさんでした
今から思えば何かを訴えたかったのか、それともお別れの挨拶をしていたのかと思うと
気がついてやれなかった自分を責めてしまいます
最期の二日間はずっと側について「ありがとう」と「ごめんね」を言い続けていました
おおらかでやさしいうららさんでしたから
そんなお母さんを笑いながら許してくれるのではないかと勝手に思っています
お互いにまだまだ先がありますものね
気を丈夫に持って逞しく乗り切っていかなくてはね。
ありがとうございました

| nonnon | 2009/12/16 12:22 | URL | ≫ EDIT

はなさんへ

めろんちゃんとステラちゃんに良く似たうららさんでしたね
泥棒顔がなんともひょうきんで
でもとっても大きくて綺麗な目のうららさんでした
唯寝ていただけなのにたくさんの思い出を残していってくれました
我が家のにゃんずの潤滑油の役目をしていてくれた事
いまさらながら大きな存在だったことを思います
最期まで「ありがとう」を言い続けていたので
きっと届いた事と思います
うららさんのファンでいてくださった事本当にありがとうございました

| nonnon | 2009/12/16 12:32 | URL | ≫ EDIT

なんと言葉をかけていいやら・・・
迷って迷ってずっとコメントできずにいました。
遅くなってごめんなさい。

うららさん、ぷーたろーと競ってくれてありがとう。
いつかまたきっと会えるよね。
それまで、ゆっくり休んでね。

nonnonさん、うららさんきっと待っててくれますよ。
寒くなってきましたからお身体ご自愛ください。
なにしろまだまだ手のかかる子達がいますからね。

| 越後屋はなにゃん | 2009/12/16 23:17 | URL | ≫ EDIT

越後屋はなにゃんさんへ

ありがとうございます
ハナの時は寝たきりになっての二ヶ月間世話をしてあげられたのですがうららさんはあまりにあっけなかったもので
未だに信じられない気持ちでいます
どんなに辛くても悲しくても毎日の忙しさは変わることなく
かえってそれが救いになっています
いつまでも悲しんでいるとうららさんも困るだろうと思うので
気持ちを切り替えるように努力しています

そうですね
まだまだ手のかかる子がいっぱいいます
こんなにたくさんの子達がいるのにそれぞれが愛おしくて
それぞれが大切な存在なんだって事
改めて感じています

年の瀬のあわただしい時期
越後屋はなにゃんさんもお身体大切になさってくださいね

| nonnon | 2009/12/21 12:57 | URL | ≫ EDIT

「うらら」はそれでも、10年生きたんだね。病院でなく、手の中で温もりを感じて虹の橋へ・・・。
動物を看取るのは、心に後悔のトゲが刺さり、何年経っても抜けはしませんよね。
でも飼い主の思いは届いています。「してあげられなかったこと」ばかりが記憶に残るけれど、彼らは人間に慈愛を教えるために、黙って、瞬間を急いで生きるんです。

・・・いいえ、お母さんを待ってはいませんよ。
必ず生まれ変って、nonnonさんを探して、また会いに来ます。それが僕の信念です。
僕が猫のボランティアを辞められないのも、心に刺さった「抜けない後悔のトゲ」を撫でているだけかもしれません。そして、看取った猫たちの生まれ変りに出会うためかも・・・。
「泣いているよりも、次の1匹を助けよう!」これは「いるまねこの会」のスローガンです。

どうか明るく、再開してくださいね。うららの冥福と、一刻も早い生まれ変りを祈ります。

| みゆき | 2009/12/25 22:28 | URL | ≫ EDIT

みゆきさんへ

あけましておめでとうございます
お返事が遅くなってしまい申しわけありませんでした
年末年始の忙しさの中でうららの事を想っている時間がだんだん少なくなり
いつのまにか時間が心を癒してくれました
骨壷の前に飾ってある写真を見るたびに心の中で「うららどうしているのかな ?」って思いますが
きっと仲間達と楽しく過ごしているのではないかと思っています

我が家にはまだ手のかかる子がいっぱいいるのでいつまでもくよくよしてもいられません
新年を迎え心を新たにして元気にしていこうと思っています
いろいろとご心配いただいて本当にありがとうございました
本年もどうぞよろしくお願いいたします

| nonnon | 2010/01/05 11:00 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://chobikuro.blog12.fc2.com/tb.php/367-b5526efc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。